とまとブログ おすすめフリーソフトなどを紹介してます。
WindowsXP+IE7 → Windows7+IE9(Sleipnir) → Windows7+Firefox → Windows8+Firefox と変遷





Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ ファイル操作編 (2)
追記:Google Chromeを使ってる方はWheel Redirectorと併用すると
   ホイールスクロールできなくなる不具合があります (2011.7.4現在)  
   WizMouseだと無問題です

Windows 7インストール直後から入れておくと便利なフリーソフト
ひきつづき、ファイル操作編です。

 目次:
■レジストリ
 ・Windows7の初期設定:レジストリを変更し環境を整える その1
 ・エクスプローラの左ペイン(ナビゲーションウィンドウ)をカスタマイズ
  ↑僕はレジストリをいじって設定しましたが、フリーソフト見つけました
 ・ユーザーフォルダ内の特殊フォルダの削除と復元

■フリーソフト
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ カスタマイズ編
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ ファイル操作編 (1)
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ ファイル操作編 (2) ←このページ    
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ 環境編




StrokeIt [公式ダウロード] [日本語化] [窓の杜 特別企画]
 
マウスジェスチャー
  マウスジェスチャーとは、マウスの右ボタンを押したまま動かすことで命令を出します
  例えば、ブラウザであれば左に動かせば[戻る]、右に動かせば[進む]、L字に動かすと[閉じる]など
  自由にカスタマイズできる機能があれば、自分の好みの動きを割り当てることができます
  右クリックメニューを出したり、ツールバーのボタンを押す必要がないので作業が楽です


マウ筋かざぐるマウスなど他にも同種ソフトはあると思うんですが、
上記、窓の杜 特別企画の時点(2008.9.12)でちょうどGoogle Chromeに興味があり、
当時拡張機能でマウスジェスチャーもありませんでしたのでコチラの記事を参考にしました
それ以来StrokeItを使用してます。

ソフトごとにジェスチャーを変えていけるのが便利です。
もちろん全ソフト共通のジェスチャーも登録できます。

基本的にStrokeItはショートカットキーをジェスチャーに割り当てていきます
僕はSleipnirとChromeで[右側のタブを閉じる][他のタブをすべて閉じる][ページ一番上へ]を
頻繁に使うのでジェスチャーを割り当ててます。すげー楽ですよ♪
Chromeの場合、デフォルトで[右側のタブを閉じる][他のタブをすべて閉じる]は
ショートカットキーがないので、拡張機能Chrome KeyConfigでキーを割り当て、
そのキーをジェスチャーに登録してます

日本語化はStrokeItをタスクトレイより終了させた後、日本語化ファイルを実行します。
その後StrokeItを起動しタスクトレイアイコンをクリック
→メニュー:[Edit]−[Preferences]−[Files]タブ−[Default interface language]で
Japaneseを選択すれば日本語になります




SetCaretColor [ダウンロード]
Wheel Redirector [Vector ダウンロード] [窓の杜 今日のお気に入り]
WizMouse [公式ダウンロード]
 
ファイル操作支援

SetCaretColorは文字入力支援ソフト
過去に詳しく書いてます(→紹介記事へ)

文字入力の際に、コレはなくてはならないソフト。
IMEオン/オフの状態をキャレット(文字入力する場所の点滅するI)の色と太さを変えて知らせます。
目線をわざわざ言語バーまで移す必要がありません。
ただIE9はDirectWriteだかの独自機能のために、残念ながら色が変わってくれませんので
打ち間違い多発です…なんとかならないかなぁ

Wheel RedirectorWizMouseはホイールスクロール支援ソフト
同種ソフトなのでどちらかお好みで。
違いはWizMouseの方はWin7対応を謳っています。ですが、どちらもWin7で動きます。
追記:Google Chromeの方はWheel RedirectorはNG。WizMouse一択です (2011.7.4)  

コレもなくてはならないソフトで、
フォーカスの当たっていないウィンドウもホイールでスクロールできます。
つまりうしろのちらっと見えてるウィンドウもスクロールできますよってことです。
ただそれだけなのですが、一度体験すると便利さに目からウロコです。
エクスプローラだと右ペインにフォーカスがあると左ペインのツリービューが一度クリックしないと
スクロールしないですよね? それがこのソフトがあると動くんです!
元々はX-Windows(Unix)の機能らしいです

同種ソフトとしてTrue X-Mouse Gizmo for Windowsがあります。
コチラはマウス下のウィンドウをアクティブにし(当然スクロールできるようになる)、
さらに他の機能として文字をドラッグするとコピーされる機能もついてます。
ファイル操作 (1)でもご紹介したCopipexWheel Redirectorをくっつけたようなソフトですが
若干、操作感が違うので、僕はCopipexWheel Redirectorです。




CCleaner [公式ダウンロード] [窓の杜 NEWS]

CCEnhancer [公式ダウンロード] [公式解説(英文)]
 
不要ファイル削除

CCleanerは手軽に簡単に不要ファイル・不要レジストリの掃除をしてくれます
ごみ箱の右クリックメニューにも出せますので、[ごみ箱を空にする]感覚で使えますよ

不要ファイルはIEのほかFirefox、Chromeの一時ファイルも削除。
設定画面から削除する項目を選べます。

さらに[ツール]から以下のことができます
 ・[プログラムの削除] コントロールパネルのプログラムのアンインストールができます
 ・[スタートアップ項目の削除・無効化] MSCONFIGから行うスタートアップの削除ができます
 ・[システムの復元を個別に削除] この復元ポイントだけ要らないという時に
 ・[ドライブ別にファイルの完全削除・空き領域のみの完全削除] 復元不能にします

[オプション]からは以下の設定が可能
 ・[クッキーリスト] 削除する際、残しておきたいCookieを選択できます。便利!
 ・[削除リスト][除外リスト] 削除する際、含めるフォルダ・除外するフォルダをそれぞれ設定

CCEnhancerは上記CCleanerの削除項目を増やすことができます。
ダウンロード後実行して[Download Latest(最新版をダウンロード)]を押すだけ (→画像を見る)
これだけでCCleanerを実行すると削除項目が増えてます
増えた項目名は末尾に *(アスタリスク)がついてます
元に戻す場合は、ウィンドウ左下[Functions]−[Delete Custom Rules]




Quick Restore Maker Customaizable Portable [公式ダウンロード] []
 
復元ポイント作成

このソフトは簡単に復元ポイントを作成できます。
システムの復元ポイントを自分のタイミングで作ろうと思うとけっこうメンドクサいですよね
システムのプロパティ開くのも手順が結構あるし…
そんな時はこのQuick Restore Maker Customizable

管理者権限で実行する必要がありますので
実行ファイルの[プロパティ]−[互換性]タブ−[管理者として実行する]にチェック

起動すると中央のテキストボックスに、あとで見てわかりやすい名前を入力後(日本語OK)
[Create]ボタンを押すだけ (→画像を見る)
[Add Created Time to Restore Point Name(復元ポイント名に作成時間を追加)]は
必要であればチェック。

ダウンロードページには、名前入力すら不要で、起動と同時に復元ポイントが作成できる
Quick Restore Point Makerもありますよ (→画像を見る)


ダウンロードページがかなり分かりにくいので注意!
起動だけで復元ポイント作成するタイプはこの画像クリックのすぐ下のをクリック

復元ポイント名を入力するタイプは画面を下へスクロールし、この画像クリックのすぐ下の
をクリック

さらに、復元ポイント名を入力タイプのほうをデスクトップを右クリックしたときに
メニューの一番下に出るようにする(→画像を見る)には、さらにページの下の方
をクリックです。

デスクトップの右クリックメニューは結構簡単にレジストリから変更追加することができます。
後日、紹介予定ですが、詳しいことはこちらに紹介されてます
→デスクトップのコンテキストメニューをランチャー化する(マイコミジャーナル)
 (前編) 特殊アイコンで説明してるのでやや難解
 (後編) 通常ソフトは主に後編の後半部分で説明




Easeus Todo Backup Free
[公式ダウンロード] [日本語化] [窓の杜レビュー (v1.0-登場時) (v2.5.1-最新版)]
※ 日本語化はインストールフォルダ内resフォルダを上書きします

BunBackup [公式ダウンロード] [All About 使い方(基本)] [All About 使い方(応用)]
 
バックアップソフト

Easeus Todo Backupはドライブ丸ごとイメージファイルでバックアップを取ってくれます
だから万が一、システムドライブがやられても全く同じ状態に復元できます。
ver2.5.1からフリー版でも差分バックアップが取れるようになってますのでバックアップ時間も短縮
僕はいざって時に復元できないと困るので毎回フルバックアップですが。
それでもそんなにかかりません。

クローンも作れるのでシステムドライブの引っ越しにも使えますね
バックアップしたファイルを仮想ドライブにマウントして、ファイルを取り出すこともできます。

BunBackupはバックアップ先やバックアップするファイル・フォルダを設定しておけば
定期的にバックアップ・ミラーリングしてくれます。
バックアップだけだといらないファイルもどんどん積もっていきますので、
バックアップ元とバックアップ先を同じ状態にするミラーリングで使用してます
上記リンクの[使い方(応用)]の方でミラーリングの設定方法が説明してあります




Lhaplus [ダウンロード] ※v1.70 beta版は7z対応
Lhaz [ダウンロード]
 
解凍圧縮ソフトです

他にもいろいろ圧縮解凍ソフトがありますが、好みでいいんじゃないでしょうか?
僕はLhaplusメインで、7zのみLhazに関連付けていましたが
LhaplusがBeta版で7z対応になりましたので、Lhaplus一本です

ただLhazは圧縮ファイルの中身が見れて便利ですので、[送る]メニューに
閲覧用ショートカットを入れてます
※ [ファイル名を指定して実行]より Shell:sendto と入力 (送るメニューのフォルダ)
  →Lhazのショートカットを入れ、プロパティより実行ファイル末尾に /v を追加
   パラメータを追加しないと、単にLhazで解凍するメニューです


さらにFileTypesManでzip、rar、lzhの右クリックメニューに
[Lhazで閲覧]というメニューを作成してます
コマンドラインは "(保存先のパス)¥Lhaz.exe" /v "%1" ※ /vが末尾だと動かない

解凍は関連付けをしていれば(ダブル)クリックだけです。
どちらのソフトも右クリックメニューから簡単に圧縮できます。
圧縮パスワードには日本語(2バイト文字)が使えますのですさまじく強固にできます。




GoodReaderUSB [ダウンロード]
※ ダウンロードはGoodeReaderUSBWin_数字.zipです
 
おまけ

iPhone、iPadなどを使用されてる方は、ワード・エクセル・動画に画像と
何でも見れるんじゃないかという神アプリGoodReaderとのやりとりに便利ですよ

起動したウィンドウ内にファイルをドラッグで放り込むだけ (→画像を見る)
いちいち起動の遅いiTunesを待たなくて済みます。
※ iTunes自体はインストールしてないと動かないようです

まぁWi-Fiでやり取りすればいいだけの話なんですが…




あらゆる場面でドラッグだけでコピーできるようにする Copipex
Firefoxではサイト内のテキストをドラッグするだけでコピーできてしまうAutoCopy2があります。
もう右クリック→[コピー]も、CtrlCも要りません
ついでに、ホイールクリックでペーストされます
しょっちゅうコピーされる方はものすごくコピペが楽になります。

この機能は他のブラウザでもユーザースクリプトなどで同じように使えるようになっています
IEであればAutoCopy for IE
IE互換のSleipnirであればSeahorseユーザースクリプト テキスト選択時にコピー
 ※ リンク先、中ほどのCode:部分をメモ帳へコピペ
   →<適当な名前>.user.js で <Sleipnirの保存パス>¥Plugins¥Seahorse に保存


ただし、これらは当然ながらブラウザ内でしか使えません。
ブラウザでも、それ以外の場面(テキストエディターとか)でも使いたい! そんな時は…

Copipex [公式ダウンロード] [窓の杜 今日のお気に入り]


◆ 使い方  
使い方は簡単
文字をドラッグして選択すればコピーされます。
設定したボタンで貼り付けができます
クリップボード履歴ソフトと連携すればすごく便利になりますよ♪
僕はクリップボード履歴ソフト SimpleClip
AutoHotKeyを使ってキーボード(無変換や右Altキー)から呼び出すようにしてます
おそろしく捗ります。

仮にドラッグしたときにコピーしてほしくないときは
Altキーなど別のキーを押しながらドラッグすると、Copipexは

反応しません



他の同種ソフトに比べてカスタマイズできる点で優れているかと思います(詳しくは>>続きを読む)
・ペーストをどのボタンでするか選べます。
bl.iniに書き込んだプログラムはあらかじめ

除外できます


   書き方は
   [Process1]  ←上から順番に連番で降ります
   ProcessName=○○.exe  ←実行ファイル名
   [Process2]
   ProcessName=△△.exe
   新たに書き足した場合は、Copipex再起動で適用されます



今日のおすすめ Copipex
詳しい設定、他の同種ソフトとの比較は以下から…


Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ ファイル操作編 (1)
追記:コピペ支援ソフトにCopipex追加しました(2011.6.29)

Windows 7インストール直後に入れておくと便利なフリーソフトまとめ
前回のカスタマイズ編に引き続きまして、今回はファイル操作編です。
紹介するソフトが多いので(1)(2)と2回に分けてご紹介。

設定が多いのや複雑なのはあとで個別に紹介するかも…

 目次:
■レジストリ
 ・Windows7の初期設定:レジストリを変更し環境を整える その1
 ・エクスプローラの左ペイン(ナビゲーションウィンドウ)をカスタマイズ
  ↑僕はレジストリをいじって設定しましたが、フリーソフト見つけました
 ・ユーザーフォルダ内の特殊フォルダの削除と復元

■フリーソフト
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ カスタマイズ編
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ ファイル操作編 (1) ←このページ    
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ ファイル操作編 (2)
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ 環境編




StandaloneStack 2 [公式ダウンロード] [公式解説(英文)] [Youtubeで動きをみる]
 
ランチャー
※ 別記事で詳しく書きました(→紹介記事へ)

Macのスタック風にびよーんと飛び出るランチャー (→画像を見る その1(Fan) その2(Grid))
フォルダ階層をたどれますし、必要なフォルダはエクスプローラで開くこともできます
Windows 7だとタスクバーにピン留めしておけばかなり便利♪
びよーんと飛び出るスタック表示のほか、タイル状に並べるグリッド表示も選択できます。
フォルダ内のファイル数が○個以上はグリッド、それまではスタック表示という設定もできます

ただ、リンク切れのショートカットがあると探しているのか反応がめちゃくちゃ悪くなるので注意!




Chameleon Folder [公式ダウンロード] [GIGAZINE 使い方]
※ ダウンロードはリンク先のページ最下部

 
フォルダ選択支援ソフト

Chameleon Folderは、エクスプローラ上や保存/開くダイアログボックスで、
設定したショートカットキーやマウス操作でジャンプ先の候補を出して
すぐに目的のフォルダにたどり着けるソフトです (→画像を見る)

[最近開いたフォルダ・ファイルの履歴]も表示可能。
[フィルター]で現在開いているフォルダ内で一致するファイルのみ表示も可能(例 テキスト 動画など)
設定は呼び出したメニューのOptionsから(タスクトレイのアイコンからでも可能)

僕はショートカットキー(WinZなど)をAutoHotKeyで使わないキー(InsertとかAppliとか)に
割り当ててすぐに呼び出せるようにしています。
毎回フォルダ階層をたどらなくても、保存先を出せるので幸せ♪
実はダイアログ上に限らず、あらゆる場所で呼び出せてエクスプローラでそのフォルダを表示できます




SimpleClip [公式ダウンロード] [Vector レビュー]
Copipex [公式ダウンロード] [窓の杜 今日のお気に入り] 2011.6.29追記
Copipa [公式ダウンロード] [Vector レビュー]
 
コピペ支援ソフト
SimpleClip+Copipex+AutoHotKeyで最強にラクなコピペ環境♪

SimpleClipはクリップボード支援ソフト
クリップボードの履歴を残してくれます。文字列、画像、ファイルそのもののコピーに対応
文字列、画像、ファイルはそれぞれ別に履歴を取る取らないを指定可能。
これまたAutoHotKeyでSimpleClipの呼び出しショートカットキーをキーボードに割り当てて使用中

定型文登録とかの機能はないですが、
僕はむしろクリップボード履歴だけ欲しかったので気に入ってます

Copipexはコピペ支援ソフト
※ 別記事で詳しく書きました(→紹介記事へ)

文字をドラッグして選択すればコピーされます。
設定したボタンで貼り付けができます(ミドルボタンクリック、右クリックなど)
右クリック→[コピー]やCtrlCが不要です。

FirefoxのAutoCopyなど拡張機能やユーザースクリプトが使えるブラウザなら、
だいたいこの機能が使えると思うのですが、ブラウザ以外で使えるのが大きいです
ブラウザだけなら → ・Firefox用 AutoCopy ・IE用 AutoCopy for IE

指定プログラムを除外も可能。
[設定]で[通常のクリップボードを使う]にチェックしておけばSimpleClipと連携できます

Copipaは右クリックメニューにフルパス、サイズ、ファイルの更新日、などを
コピーするメニューを追加してくれます (→画像を見る)
使わない人は全く使わないと思いますが、パスをコピーする場面の多い人は重宝しますよ
copipa.xmlを編集することによりメニューをカスタマイズできます。
コピーできる項目は17種。詳しくは付属のreadme.txt参照。

注意!Windows 7の場合、Administratorでログオンして、
   Install.batを(ダブル)クリックで使えるようになります

   起動時にAdministratorを出すには管理者権限でコマンドプロンプトを起動し
     net user administrator /active:yes
   再びadministratorを非表示するには
     net user administrator /active:no




FastCopy [公式ダウンロード] [窓の杜 NEWS]
 
(コンテキストメニューからの)ファイルコピー支援ソフト

FastCopyは標準コピーよりも高速でコピーしてくれます。
同種ソフトにFire FileCopyTeraCopyがありますがお好みで。
右クリックメニューからや右ドラッグのコンテキストメニューからも使えます。
設定はメニュー:[設定]−[シェル拡張設定]から。
大容量ファイルもしくは大量のファイルを移動・コピーする時は効果テキメンです




Everything [公式ダウンロード] [日本語化] [窓の杜レビュー]
Everything View [公式ダウンロード][窓の杜 レビュー]
 
(コンテキストメニューからの)ファイル検索ソフト

Everything爆速でパソコン内のファイルを探してくれる検索ソフト。
インデックス作成タイプなんですが、10秒かからず作成完了。
え?!そんな短時間でインデックスがホントに作れたの?!と疑うほど。

インクリメンタルサーチで、入力するごとにファイルを絞っていってくれるので
ファイル名をすべて入力することなく探せます。
見つかったファイルはダブルクリックで呼び出し可能
エクスプローラの右クリックメニューより検索可能なので、
このドライブ内・このフォルダ内から検索が簡単

一度コレを使うと標準の検索機能をはじめ他の検索ソフトの遅さに我慢できなくなりますよ?!


Everything ViewはEverythingの補助ツール。
フォルダ内に画像を連番で大量に保存してあるとEverythingで検索しても判別できないですよね?
そんな時に一つ一つダブルクリックして関連付けたソフトで確認していかなくても
このソフトがあれば、選択するだけでプレビューを出してくれますのでラクちん♪

テキストファイル、画像ファイル、zip圧縮ファイルに標準対応のほか
Susieプラグイン導入で未対応形式の画像にも対応
アーカイバDLL(Unlha32.dllなど)導入で未対応形式の圧縮ファイルに対応
xdoc2txt導入でOfficeファイル(エクセル・ワードなど)にも対応

いずれも実行ファイルと同じフォルダに入れておけば
未対応だったOfficeファイルやLZHなども見ることができます

注意! 必ずEverything側の設定[ツール]−[オプション]−[表示]タブで
    [選択した項目をステータスバーに表示する]にチェック
   でないと、使えません!
   あと、Everything Viewは管理者権限で起動します。
   設定で[Everything がいないときはタスクトレイ]にしておけばジャマになりませんよ




FileSum [公式ダウンロード] [公式解説]
 
(コンテキストメニューからの)ドライブ・フォルダ内の容量調査

メニュー:[設定]-[エクスプローラ]から設定しておくと、
エクスプローラの右クリックメニューからフォルダ・ドライブの容量を調査できます
フォルダ内のどの子フォルダが容量を圧迫してるのか棒グラフでわかります。

メニュー:[表示]-[表示単位]からbyte、KB、Kb、MB、Mbと細かく表示を変更できます




Terapad [公式ダウンロード] [公式ツール] [TeraPad用ツール(Vector)]

WtLabel [公式ダウンロード] [Vector レビュー]
 
テキスト入力ソフト

Terapadは定番エディターです。
他にも定番エディターはいっぱいあるのでお好みでどうぞ。
TeraPadは拡張子ごとに文字を色分けしてくれますし
HTMLの確認用にIE、Firefoxボタンがあるので僕には十分です

TeraPad用ツールがネット上にいろいろ公開されてますので追加していくとさらに便利です。
例えばTpMusCpy
ドラッグするだけでコピー、右クリックでペーストなので、いろいろ捗りますよ
※ TeraPad以外のあらゆる場面でも使いたいなら前述のCopipexでしょうか

WtLabelは付箋ソフトです。
透明化できる付箋がほしかったので使ってます。
透明化すると壁紙に文字が書かれてる感じで画面上がスッキリします

完全な透明化より疑似透明化の方が文字がきれいに表示されました




MassiGra [Vector ダウンロード] [Vector レビュー]
Chm Show Case [公式ダウンロード] [窓の杜 レビュー]
 
ビューワソフト

MassiGraはシンプルかつ軽い画像ビューワー
標準のフォトビューワでもいいんですが、
マウスホイール回すとスクロールではなく拡大縮小になっちゃうのがなじめず
マウス・キーボード設定が変えられるコチラにしました。
ショートカットキーを色々割り当てられるので好きに画像が操れる!

Chm Show Caseはヘルプファイルビューワです。
Vista以降、拡張子Chm、Hlpのヘルプファイルが開けなくなってます。
MicrosoftのサイトからWinHlp32.exeをもらってくる方法もありますが、
僕の環境では失敗に終わったので拡張子Chmのファイルはコチラを使用してます。





ファイル操作編 (2)へ続きます


Mac風にびよーんと飛び出るランチャー StandaloneStack 2
XP時代、ランチャーソフトはAsroc=Launcher 2nd
使用していたのですが(→過去の紹介記事へ)
Win7だとウィンドウ右上の最小化などのボタン幅が変わったので
使用しづらく、何かいいランチャーはないかと探していました。
Orchisなんてスゲー便利そうなんですが、
機能的すぎるというかそっけないというか…
使ってて見た目にもいいカンジのが欲しかったんですよ

で、見つけたのが今日ご紹介するStandaloneStack 2です
Mac OS X (Leopard)のStackのように
びよーんと飛び出る動きでステキです。
動きだけでなく使い勝手も良いですよ♪

実は前々回ご紹介した記事(Windows 7のレジストリ設定)も
検索でゆるゆる回すさんのランチャーの記事を見つけて、
その流れで読ませてもらったものだったんです。

このランチャーなんですが、フォルダ(例えばマイ ドキュメント)は
クリックすればランチャー内で中身が表示されます。
必要であれば、エクスプローラで開きなおすことも可能です。
ランチャー上のアイコンを右クリックすれば
エクスプローラ内で右クリックした時と同じメニューが出ます。
ソフトの登録もあらかじめフォルダを作りその中に
ショートカットを入れておくカンジなので
ちょっと他のランチャーと毛色が違うかも…

Windows 7だとタスクバーにピン留めしておけば
かなり快適に使えますよ。
何個もStackを作成できるので、フォルダへのショートカット替わりや
ソフトのジャンル別に分けて置いておけます。
フォルダ内のファイル数が多い場合はびよーんと飛び出るFan表示(右図)ではなく、
タイル状のGrid表示(→画像)させることも可能

さらにはカスタマイズ好きの心をくすぐる独自のアイコン設定ができます
拡張子ごともできますし、ファイル個別でのアイコン指定も可能です

唯一の弱点はリンク切れのショートカットがあると
出現までに時間がすごくかかる
ので注意!ってことでしょうか


StandaloneStack 2 [公式ダウンロード] [公式解説(英文)] [YouTubeで動作をみる]
※ 公式解説文中のdownloadedの字(→画像)、ページ最下部Downloadの字をクリックしても
 ダウンロードページへ飛びますよ



本日のオススメ StandaloneStack 2

細かい設定は以下から


Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ カスタマイズ編
追記:ShellExViewを末尾に追加しました(2011.6.27)

前回、Windows7をインストール直後に行うレジストリの設定を紹介しました。
あともうちょっとレジストリいじり(ライブラリ、ホームグループ削除など)があるのですが、後日。
今回からはWindows7を使う上であると便利なフリーソフトをご紹介。

まずはカスタマイズ編。
今後、ファイル操作編、環境設定編を予定してます。 下記、目次参照

 目次:
■レジストリ
 ・Windows7の初期設定:レジストリを変更し環境を整える その1
 ・エクスプローラの左ペイン(ナビゲーションウィンドウ)をカスタマイズ
  ↑僕はレジストリをいじって設定しましたが、フリーソフト見つけました
 ・ユーザーフォルダ内の特殊フォルダの削除と復元

■フリーソフト
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ カスタマイズ編 ←このページ    
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ ファイル操作編 (1)
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ ファイル操作編 (2)
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ 環境編




Change Key (Chgkey) [ダウンロード]

AutoHotKey (AHK) [公式ダウンロード] [解説ページ]
  キーボードのキーを入れ替えます。

1.単純なキーの入れ替えは非常駐・レジストリ変更型のChange Keyで行います。

  a.起動後、変更したいキーをクリック→新しく割り当てたいキーをクリック
   [無効]を押せばそのキーは無効になります
  b.入れ替えるキーを全部設定したらメニュー:[登録]-[現在の設定内容で登録します]→再起動

  現在使用中のキーボードがコンパクト仕様のため、
  キー配列がおかしなところがあるのでこれは必須。右Shiftと_(ろ)キーとか


  
2.複雑なキー入れ替えをAutoHotKeyで行います

  例えば、クリップボード履歴を呼び出すソフトSimpleClipCtrlDに割り当てている場合
  左Altキーを押せばCtrlDを押したことにするキー割り当て、など。

  a.メモ帳などで設定を入力
   LAlt::^D  ←コレだとCtrlDを左Altキーに割り当て
   F1::#Z   WinZF1キーに割り当て

   装飾キーはShift→ +  Ctrl→ ^  Alt→ !  Win→ # でそれぞれ表示
   キーリストはコチラを参照
  b.適当な名前.ahkで保存
  c.保存した.ahkファイルをスタートアップへ

僕はしょっちゅう使うChameleon FolderとSimpleClipにAutoHotKeyで割り当てをしています

  AutoHotKeyはその他にもマウスジェスチャを設定したり、かなり応用範囲が広いですが
  僕はキー入れ替えのみしか使ってません
  使い方など、詳しくは→AutoHotKeyを流行らせるページ




Classic Shell [ダウンロード]
Wee [公式ダウンロード] [窓の杜レビュー]
Explorer Construction (Expconst) [ダウンロード]
 
エクスプローラを以前のようなスタイルに戻します

・エクスプローラのタイトルバーに現在のフォルダ名とアイコンを追加
・ウィンドウ上部の← → (戻る 進む)ボタンの隣に↑ (上の階層へ)ボタン追加
・左ペイン(ナビゲーションペイン)にツリー表示の点線を追加
・左ペインの下層にフォルダがあるサイン を常に表示
・上記ボタンを以前の+マークへ変更 →画像をみる
・ファイル・フォルダのコピーの際の上書き確認ダイアログを以前のものへ変更
・ウィンドウ上部左の検索ボックスを消す
などなど

またClassic Shellは、スタートメニューもXP風に変更することが可能です。

ほとんどはClassic Shellで足りるのですが、他のソフトとの競合からか
途中から私の環境ではClassic Shellが動いてない状態でしたので、代替ソフトを2種

Wee
 シンプル。起動しておけば↑(上へ)ボタンと、タイトルバーにフォルダ名・アイコン表示のみ
 タスクトレイのメニューよりタイトルバー表示と常駐化が選べます。

Explorer Construction
 Classic Shellsとほぼ同等のことができます。メニューも日本語
 現在、シェアウェアですのでエクスプローラ起動時にダイアログが出ます
 機能制限・試用期限はありません
 v1.9よりシェアウェアです。v1.8まではフリーウェアでダイアログ出ません
 Windows7完全対応はv1.9〜




FileTypesMan [公式ダウンロード] [日本語化ファイル] [窓の杜レビュー]
萬屋 (y-tools) [ダウンロード]
 
Windows7でファイルの関連付けを行います。

XPまではエクスプローラのメニューからできたんですが
Vistaより標準の設定がなくなりましたので、コチラで設定。

FileTypesManだと、標準の関連付けのほかに右クリックメニューのサブメニューも作成可能
(例)拡張子jpgを普段は標準ビューワ。右クリックメニューにPhotoShopで起動を加える
アイコンの変更は上ペインの拡張子右クリック-[Edit Selected FileType(ファイルタイプを編集)]
各拡張子内のメニュー変更は下ペイン右クリック
-[Edit Selected Action(選択したアクションを編集)]
または[New Action(新しいアクションを作成)]
日本語化する場合は、ダウンロードしたファイルを実行ファイルと同じ場所に置くだけ。

萬屋は標準の関連付けの変更のみ。日本語メニュー。
他にも便利機能がてんこもりです。
関連付けに関しては左ペイン[System]-[編集]-[関連付け]より




WinCDEmu [公式ダウンロード] [窓の杜レビュー]
 
シンプルな仮想CD/DVDドライブソフト。

XPの時はDaemonToolsを使用しておりましたが、現在はコチラを使用
isoファイルを(ダブル)クリックすると自動でマウント。
自動再生の画面で[〜に対しては常に次の設定を行う]にチェックを入れるか、
[スタート]-[規定のプログラム]-[自動再生の設定の変更]で、
オーディオCDやDVDムービーに再生ソフトに設定しておけば
音楽・動画ファイルと同様に(ダブル)クリックでマウント後、自動で再生が始まって便利♪
こうしておけば、isoも他のファイルと違いがなくなって全然面倒じゃない!

取り出しはドライブアイコンを右クリックメニューから。
[スタート]-[すべてのプログラム]内から簡単な設定はできます(ドライブレター固定くらい)




窓の手2010 for Windows7 [公式ダウンロード] [窓の杜NEWS]

WinDNA 7 [ダウンロード] [窓の杜レビュー]

ShellNewHandler [ダウンロード]
 
窓の手2010WinDNA 7はレジストリから一つ一つ設定するとめんどくさいことを
チェックボックスのオン・オフだけで簡単に行えます。
窓の手はごみ箱やドライブなどの標準アイコンの変更もできます。

ShellNewHandlerは右クリックメニュー[新規作成]欄の不要なものを削除します
私は.txtのみにしてます。

 
  ↑ 新規作成の下のメニューはレジストリいじって変更してます
  (参照サイト:マイコミジャーナル その1,その2)




Windows 7 Start Button Changer
[公式ダウンロード] [窓の杜レビュー] [ボタン画像] [ボタン画像2]
 
[スタート]ボタンを変更します

XPの時はTClockにお世話になっておりましたが、Win7ではコチラのお世話になってます
Select & Change Start Buttonの右アイコンを押してファイルを選ぶだけ。
Restore Original Explorer Backupの右アイコンを押せば元通り

ネットでボタン画像が多数公開されてます。こんなのこんなの
自作する場合は、 標準時・マウスホバー(カーソルが重なっている)時・クリックされた時の
3種類を各54x54pxで用意 →それを縦に配置した54x162pxのbmpファイルで保存

僕はUbuntuのロゴが大変気に入っているのでコレ(Ubuntu Orb)を使ってます。
※上記、Ubuntu Orbを保存する場合は拡張子bmpで保存

 




完全に忘れておりました(汗) 2011.6.27追記

ShellExView [公式ダウンロード] [日本語化]
※ ともにページの下の方にあります。日本語化ファイルはJapaneseをクリック
 
不要な右クリックメニュー(コンテキストメニュー)を簡単に削除してくれます。
日本語化は、shexview_lng.iniを実行ファイルと同じ場所に入れるだけです

並び替えを[タイプ]順にして、タイプが[コンテキストメニュー]の中で不要な項目を右クリックし
無効にします(F7キーでもOK)→[無効]欄が[はい]になります

[Windows Photo Viewer Image Verbs] [Windows Photo Viewer Video Verbs]を
僕は切りました。これにより画像ファイルの右クリックメニューから
[プレビュー] [右回りに回転] [左回りに回転]が消えます。
[デスクトップの背景として設定]も消えるかも…先にレジストリから消しちゃったのでわからないです

[プレビュー]は消えると困る方もいらっしゃるかも…そんな時はShellExViewで設定を戻しましょう。
僕は画像ファイルの既定の設定をMassiGra(画像ビューワ)にしてます。




Windows7の初期設定:レジストリを変更し環境を整える その1
次期OS Windows8(仮)が来年後半にはお目見えするか?との情報が飛び交う昨今(参考記事)、
Windows7にほどこした設定を書いていこうと思います。別に後悔はしてない、いやホント。

 目次:
■レジストリ
 ・Windows7の初期設定:レジストリを変更し環境を整える その1 ←このページ    
 ・エクスプローラの左ペイン(ナビゲーションウィンドウ)をカスタマイズ
  ↑僕はレジストリをいじって設定しましたが、フリーソフト見つけました
 ・ユーザーフォルダ内の特殊フォルダの削除と復元

■フリーソフト
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ カスタマイズ編
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ ファイル操作編 (1)
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ ファイル操作編 (2)
 ・Windows 7 あると便利なフリーソフトまとめ 環境編


まずはレジストリでいろいろ。
参考にさせていただいたのはコチラ
ゆるゆる回す:Windows7 64bit版 インストール備忘録(2009/11/5)

コチラの記事は変更箇所のみ効率的に書いてくださっていたので助かりました。
※レジストリを変更しますので当然ながら何が起こっても自己責任ですょ。

記事の内容は以下の通り
1.停止系
 ・優先度の低いプロセスへのCPUリソース制限とネットワークのパケット受信制限
 ・自動デフラグの停止  ※Win7+SSDの方のみ
 ・Prefetch / SuperFetchの停止  ※Win7+SSDの方
 ・ハイバネーションの停止  ※デスクトップPCの方
 ・システムの復元の停止  ※別のバックアップ手段があるなら停止可
 ・インデックス(Index)の停止  ※別の検索手段があれば完全停止でも可
 ・NTFSの最終アクセス時刻更新の停止

2.移動系
 ・ページングファイルの移動
 ・ウェブキャッシュの移動
 ・テンポラリフォルダの移動
 ・ユーザーフォルダの移動
 ・書き込みキャッシュの有効化

やり方がわからない方は下記、>>続きを読む以降で説明してます。
変更前にバックアップは作成しておきましょう。方法は下記、>>続きを読む以降で


Windows 7はSSDを自動認識して、勝手にデフラグ、Prefetch、SuperFetch停止してくれると
雑誌などに書いてあったんですが、僕の環境だと停止してくれてませんでした。。。
ですので自動認識を過信せず、レジストリの値の確認だけでもしておくといいかも


私自身は上記記事のうち
システムの復元の停止はしてません。
 万が一、調子が悪くなったときにコレで助かる可能性があるので
 すでにWindows7標準のバックアップの方では復元しないという痛恨の一撃を食らってるので、
 フリーで差分バックアップもできるようになったEaseus Todo Backup Free [使い方]で
 バックアップはとってますが予備にシステムの復元は生かしてます。
 容量が気になる方はシステムの詳細設定→システムの保護タブ→構成から使用量を調整できます

インデックスの停止
 検索は爆速のフリーソフトEverything [使い方]を使用してますので使ってませんが、
 まれに使うこともあるので完全停止ではなく検索対象をしぼってます。

ページングファイル・ユーザーフォルダの移動もしてません。
 というのもHDDは外付けで必要に応じてつなぐ環境なので、常時動いているのはSSDのみ。

ウェブキャッシュ・テンポラリフォルダの移動
 ともにRAM Diskに移動しました。
 RAM DiskはフリーソフトGavotte Ramdisk [使い方]を使用してます


今回の記事は丸ごとおんぶにだっこでしたが、次回はちゃんと書きます
次回、その2ということでその他のレジストリ設定(主に邪魔なメニュー削除)
それから新たに入れたフリーソフトの紹介と続く…はずです。

レジストリの変更の基本操作は以下から


ブログ再開します。
2年以上、ブログを放置しておりましたが、再開しようかと思います。

最近 Windows 7 PCも自作しまして、ゼロの状態からレジストリをいじったり、
フリーソフトで快適な環境を構築したりして楽しんでおりました。
で、一通り設定が終わったかなあというカンジになったんで
その設定をまずは備忘録替わりに、ぼちぼちと書いていこうかなと思ってます

キーボードとマウスをワイヤレスにしたんですが、線が無くなり机上がスゲーさっぱりしました
※ワイヤレスは段差にものすごく弱いらしく、机下に置いてるPC本体に挿したレシーバーでは
 受信してくれない(距離50cmなのに!)ので、机の上のUSBハブにレシーバー挿してます


HDDからSSDに変えたんですが、雑誌とかに載ってるように爆速で起動してビビりました。
電源ボタン押して、デスクトップ画面が出るまでジャスト20秒でした!
デスクトップ画面が出たらすでに使える状態です。
先代のPentium 4+HDDだとデスクトップ画面が出てから常駐ソフト起動ってなカンジで
そこから、さらに待ち時間があったもんですからPCの進化に驚きます

新しい環境

M/B: Asrock H67M-ITX/HT USB3.0あり。無線LAN付
電源: PicoPSU-150-XT 電源をACアダプターにしてファンレス=静音化
CPU: intel Core i3 2100T SandyBridgeの中では最弱だが十分すぎ!TDP35WでミニPC向き
SSD: Crusial C300 とにかく速い!(6Gbps対応、読込355MB/秒)
PCケース: Antec ISK310-150 現在はFusionベアボーンでのみ販売?
キーボード: サンワサプライ SKB-WL13W [キー配列] めちゃコンパクト、キー配列も絶妙
マウス: シグマAPO ONYX SLATSRF01BK サイドがラバーでグリップ感良し
スピーカー: Olasonic TW-S7(W) たまご型でカワイイし、バスパワーなのに音も良い
USBハブ:エレコム U2H-CU4BWH コンパクトなのに4ポート。机の端にあってもジャマじゃない

      ←内部の部品

     ←外に見える部品
  
 ↑さすがにそのままのキー配列では使いづらい個所もあるのでChange Keyでキーの変更してます


IE6,IE7のJavaScript読み込みをIE8エンジンで高速化♪
Internet Explorer 8(IE8)正式版(日本語版)がダウンロードできるようになって
1週間ほど経ちましたが、皆さんはインストールされましたか?

IE8でセキュリティ機能はアップしてるようですが
新たに搭載された機能のほとんどが
多分、きっとあまり使わないだろう」ってのと、
IE7proをはじめとするフリーソフトなどで既に代替してるので別に要らない
というのが個人的感想です(新機能1 2 3 4 5)
なので
次期OS Windows 7が出て、IE8がブラウザのシェア1位になってから
変えようかなぁと思ってます。

と思ってたらっ!
今月発売のPC雑誌、数誌に紹介されていたのですが

IE8のJavaScriptを読み込む機能はIE7から大幅に改善されており、
その機能だけIE6、IE7で使える!というのです。
(まぁ、それでもGoogle ChromeやFirefoxには遠く及ばないんですが…)

某PC誌の実験によると
IE7では読み込みに42秒かかるものが
IE8の読み込み機能を使うと、わずか9秒で読み込めたそうです!
(その雑誌で使用したJavaScriptのベンチマークサイトはコチラ→SunSpider)
スレイプニルもIEと同じエンジンなので効果ありです♪


実際のやり方は以下から

◆ダウンロード&抽出
 まずは公式ダウンロードサイトからIE8のセットアップファイルをダウンロード
 →IE8 公式ダウンロードサイト(マイクロソフト)
   ▼
 解凍ソフトLhaplusLhazなどを使用して、セットアップファイルの中の
 jscript.dllだけ解凍します

 このjscript.dllというファイルがJavaScriptを読み込む機能をつかさどってます。
 コレを現在あるIE6、IE7用の同じものに上書きするわけです


◆導入方法
 上書きするのは
  ・C:¥Windows¥System32¥jscript.dll
  ・C:¥Windows¥System32¥dllcache¥jscript.dll
  ・C:¥Windows¥ServicePackFile¥i386¥jscript.dll
  ・C:¥Windows¥ie7¥jscript.dll (コチラはIE7のみ)
 です。
 念のため、元ファイルはコピーをとっておきましょう

 うまくいかない場合はセーフモードで。


今日のオススメ Internet Explorer 8(IE8)


ウイルス対策:2009年版最強の検出率 G Data 2009シリーズ、やっと発売
G Data2009のラインナップ以前紹介した
セキュリティ/ウイルス対策ソフト2009年版の検出率-最新比較」でお伝えしたように、2009年版の
アンチウイルス、ウイルス対策ソフト/セキュリティソフト
の中で最高のウイルス、アド/スパイウェア検出率を
たたき出したG Data 2009シリーズが2/19に
やっとこさ発売になりました。

他のウイルス対策ソフトが前年10月前後に発売するのに
対して、かなり発売が遅くなってますが
異なる二つのエンジン(ウイルス定義)でスキャンするので
検出率はピカイチです。
各メーカーのウイルス対策ソフトの性能をテストする
第三者機関AV-Test.orgでも15ヶ月連続で検出率トップを
とっているのがG Dataです

発売のラインナップは以下の通り

・ウイルス対策+ファイアウォール (コレ一本でセキュリティはOK)
  G Dataインターネットセキュリティ2009
  [1年版/3台用] [1年版/1台用] [USBメモリ版(1年版/3台用)] [3年版/3台用]
  1年版/3台用1年版/1台用価格の差はわずか180円ほどなので
   3台分の方がお得感があります

・ウイルス対策+ファイアウォール+バックアップ機能
  G Dataインターネットセキュリティプラス2009 [1年版/3台用]

・ウイルス対策のみ
  G Dataアンチウイルス2009 [詳細(公式)] [購入はコチラ(1年版/3台用)]
  ※アンチウイルス2009はダウンロード販売のみ

各製品の性能の違い(詳細)はコチラの公式サイト参照

今ならソフト購入者には「さらに6ヶ月無料キャンペーン」中ですので
1年版の方なら1年半使えますよ♪
→詳しくはコチラの公式サイトから購入後に登録

パソコンの動作が不安定な時は購入した製品の
CD-ROM(USBメモリ版はUSBメモリ)からの起動が可能。
そのままウイルス定義ファイルを最新版に更新し
ウイルススキャンが可能です
今日のオススメ G Dataインターネットセキュリティ2009
G Dataインターネットセキュリティプラス2009
G Dataアンチウイルス2009


Googleのお気に入りアイコン(Favicon、ファビコン)が新しくなってる
ご存知Google

Googleのお気に入りアイコン(通称ファビコン[Favicon])が
多分、昨日09/1/10から変わってます。
(米国時間で09/1/9公式ブログで発表、Google本社所在地より日本時間の方が17時間早い)
←コレ。以前のよりかわいくなりましたね。初代はコレ→
ファビコンとは「お気に入り」に登録した際のアイコンであり、
アドレス欄ではURLの左に表示され
タブブラウザではタブに表示される16×16ピクセルのアイコンです
 ※ファビコンとは...コチラ参照

■情報ソース
Google's new favicon (09/1/9-Official Google Blog) ※公式ブログ

 上記の記事を読むと、新しいファビコンは公募した中の一つ(ブラジルの大学生の作)を
 少し変更したもののようですね。記事には元デザインや他の候補デザインも載ってますよ


ちなみに8倍速対応のファビコンはチェックボックス(しかもクラシック表示の)です
特に意味はありません





 カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

 カテゴリー 

 ブログ内検索 by Google


 月別アーカイブ

 最近のコメント
  • UAC(ユーザーアカウント制御)警告をソフトごとに回避設定 - Elevated Shortcut
    通りすがり (11/21)
  • DRM付き動画をフォーマット変換して保存(合法的に解除)-DRM Removal
    st (11/04)
  • 【Windows7】右クリックメニュー「Microsoft Security Essentials でスキャンします...」の削除/変更
    とまと(管理人) (04/14)
  • 【Windows7】右クリックメニュー「Microsoft Security Essentials でスキャンします...」の削除/変更
    見て下さるかわかりませんが… (04/14)
  • XP/Vistaでシステムドライブ(Cドライブ、OS領域)をバックアップ、復元できるフリーソフト-DriveImage XML
    とまと(管理人) (12/16)
  • DRM付き動画をフォーマット変換して保存(合法的に解除)-DRM Removal
    st (05/17)
  • 【Windows7】右クリックメニュー「Microsoft Security Essentials でスキャンします...」の削除/変更
    とまと(管理人) (03/03)
  • 【Windows7】右クリックメニュー「Microsoft Security Essentials でスキャンします...」の削除/変更
    まさみ (03/03)
  • DRM付き動画をフォーマット変換して保存(合法的に解除)-DRM Removal
    とまと(管理人) (02/24)
  • DRM付き動画をフォーマット変換して保存(合法的に解除)-DRM Removal
    TaKa (02/23)
  • コメント、トラックバックは管理者の
    承認後のため、掲載は少し遅れます。

 リンク
 プロフィール 

 検 索 (オススメはこの下にあります)

※amazon発送ならほぼ送料無料!
楽天で探そ♪
Amazonより品揃え豊富
楽天市場


 オススメ
 
USBロックキャップ
USB端子に直接取り付ける3桁のダイヤル錠
設定したダイヤルに合わせないと外れません。
※設定番号の変更も行えます
USBメモリーは勿論、USB機器ならほとんど取り付け可能
暗号化ソフトでのセキュリティも大事ですが
見た目的に(ハード的に)ガードされてるというのは
簡易セキュリティとして、心理的にも効果ありそう。
500円以下で買える安心(笑)
ブログで記事を書いてます(08.9/24)



親指型スタイラス 指のび〜る[Amazon]
or [楽天市場]
最近のスマホって画面大きいですよね
となると片手ではスマホの端に指が届かない!
そんな時にはコレ…指が15mm伸びます
遊び心いっぱいのサンコーレアモノショップ大好きっ!



ツインテール挟まれ枕 [Amazon]
or [楽天市場] or [公式]
二股に分かれた巨大抱き枕 →画像
ちょうど間にすっぽり体が入ります
自由に動かせるので結んだりできます
長さ150cm、重さ3kgでやや場所をとりますが
ダラダラするのに最適♪
フリース生地でカバー丸洗いOK!



デスクヒーター DC-PKD3 [Amazon]
or [楽天市場]
デスクの下で足元を三面から温める
(165w)/(82.5w)の二段階切替え。
2年前から使ってますけどあったかい!
三面で覆ってるので熱が逃げないので効率的
離席時のスイッチオフを忘れやすいので注意!


 
USBあったか手袋 [上段]
USBあったか手袋ニットブラウン2 [下段]
寒い季節になったらこの手袋!
おもしろグッズ販売のサンコーレアモノショップの品
USBあったか手袋は手の甲部分がやんわりあったかくなります。
指先を出したり覆ったりもできます
ニットブラウンはセーター素材で長めです
手袋は片手ずつUSBケーブルに挿せます →図解
(サンコー以外のメーカーは両手で1本のUSBケーブルの場合あり)



USBあったか布団マウスパッド(若草色)

冬はマウスを握る手が寒いっ!そこでコレ!
敷布団がマウスパッド、掛布団がヒーター、枕がアームレスト♪
ヒーターは取り外せるので布団を洗濯できます
温度は3段階調節できます(茶色バージョンはオン/オフのみ)
当然サンコーレアモノショップの品(笑)



裸族のお立ち台シリーズ [Amazon]

3.5/2.5両インチ
シリアルATA(SATA)内蔵ハードディスク(HDD)を
簡単に直挿しで外付けHDDにしてしまう豪快な一品。
USB2.0USB3.0またはeSATA接続できるタイプがあります
IDEからSATAへの変換アダプターもあるので古いHDDでもOK♪
ブログで記事を書いてます(07.11/21)



高感度版〈ちょいテレ〉
番組持ち運び対応 USB2.0用
ワンセグチューナ
[Amazon]
or [楽天市場]
4G内蔵メモリで20時間録画可能!
視聴・録画ソフト内蔵なので
コレをUSBで接続するだけで
地デジ(ワンセグ)が見れて、録れます!
余った容量はUSBメモリとして♪
他の「ちょいテレ」シリーズはコチラ


着脱してる画像click
技あり!楽ラック [Amazon] or [楽天市場] or [公式]
3.5インチ内蔵SATA(シリアルATA)HDDを
インナートレイ無しでそのまま着脱使用できます!
ドアの開閉だけで着脱可能な5インチベイ内蔵ケース。
安くなった3.5インチ内蔵HDDを用途で使い分けよう!
背面にファン付なので冷却もバッチシ!
電源コネクタがSATA用(15pin)だけの人も
変換コネクタ(数百円)で大4pinにできるので無問題!
フリーソフトHotSwap!*
起動中の抜き差しも可能!
 *SATAチップがSiliconImage製で動作するっぽいが
 他のチップでもけっこう動くらしい




エネプラグ(eneplug) [Amazon]
or [楽天] (全色)
パソコンを起動させずにコンセントから直接充電!
USB充電(iPodなどの携帯音楽プレーヤー等)や
USB機器の給電がACコンセントから直接できます。
最安店499円(楽天)。
全6色(黒,白,黄,緑,オレンジ,ピンク)



ファミレータLite(DS Lite専用) [Amazon]
or [楽天]
DS Liteにファミコンカセットを差して遊べる!
しかも意外なほどコンパクト!
付属ケーブルでTVに接続可能→TVでも遊べる!

普通にTVだけで遊びたい方は…


FCX2(ファミコン&スーファミ互換機) [Amazon]
or [楽天]
なにこれ?! 夢の最終兵器?!
ファミコン(FC)とスーファミ(SFC)が
一つのマシンで遊べます!
ほら、差込口が二つあるでしょ?
SFC互換機があまり無い中、FCまで遊べるんですっ!
もっと詳しく



ガンダム 3倍 Tシャツ レッド [Amazon]
or [楽天] (全サイズ)
赤といえばシャア専用、つまり3倍ですね。(ですね?)
サイズに注意!
アメリカンサイズなので
一回り小さいのをチョイスがベター
サイズ表記の着丈身幅コチラの図参照
ブログで記事を書いてます(08.6/5)
 エントリ記事ではエヴァンゲリオンなども紹介



ガンダム 量産型Tシャツ モス [Amazon]
or [楽天] (全サイズ)
モスグリーンといえば量産型!
上記3倍Tシャツ同様、サイズに注意!
ブログで記事を書いてます(08.6/5)



ソラニン 全2巻
 浅野 いにお
ロック好きは必携の全2巻。
余計な説明は不要。是非読んで下さい。
マイ・ベスト漫画の一つ。
ブログで記事書いてます(07.3/21)